新型コロナウイルス感染拡大防止についての取り組み

8 4月 by 経営企画室

新型コロナウイルス感染拡大防止についての取り組み

株式会社キャリーエムロジスティクスは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として危機意識を高め、以下の5つ対策を行うことを決定いたしました。

■ソーシャルディスタンスの確保:
飛沫感染防止策として、「1メートル、できれば2メートルのソーシャルディスタンス」を確保いたします。
※楽天グループ様の啓発活動参照
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2020/0403_01.html?year=2020&month=4&category=corp



■セーフティゾーン(安全空間)の確保:
広域対策として次亜塩素酸除菌抗菌剤を加湿器で使用し、トラック内の空間除菌を行うことでセーフティゾーンを確保いたします。

■基本対策(手洗い、うがい、消毒)の実施:
局所対策としての基本的な防止、消毒を実施いたします。

■原則、マスク着用の実施:
アダプター(乗務員)、サポーター(内勤スタッフ)全員、マスク配布を実施いたします。

■意識継続の為の運用を設置:
各拠点MGにて定点チェックを行う為の運用を定め、点呼項目に追加いたしました。


今後も、当社は最大限の拡大防止策を行ってまいります。

経営企画室 CSO